記事一覧

ジェームズ・ボンドの時計

007の新作映画がコロナ禍による何度かの延期を経て、ようやく公開された。ボンドの代名詞である時計はどうあるべきか?

普段は時計の話しかしない人たちが、スーツや靴、お酒などを語りだすようになったら「007」の季節が来た、とわかる。話題はまずダニエル・クレイグとボンド・ウーマン。そして小物の話になり、やがては時計の話題に落ち着く。「今回の007、ボンドが着けていた時計をどう思う?」。

原作者のイアン・フレミングは、諜報員であることを強調するため、ジェームズ・ボンドにあえてロレックスのダイバーズウォッチを着けさせた。あえてパテックフィリップや薄いオーデマピゲを選ばなかったのは、実際に諜報機関で働いていたフレミングのリアルなセンスだろう。

老舗の仕立て屋であるギーブス&ホークスの社長は「スーツにダイバーズウォッチを合わせるなんて」と文句を言ったらしいが、今や、スーツにダイバーズウォッチを合わせるのは当たり前になった。これは、明らかにジェームズ・ボンドの〝功績〟だ。半世紀前の時計関係者は、まさか腕にダイバーズウォッチを巻いた俳優が、オメガの広告を飾るとは思わなかったに違いない。時計のあり方を変えた人物を挙げるなら、そのひとりは、間違いなくジェームズ・ボンドだろう。

ちなみに007のパロディ版ともいうべき「キングスマン」では、主人公が愛用するのはダイバーズウォッチではなく、ブレモンの革ベルト付きである。装いのプロトコルに従ったのは、キングスマンの事務所が、表向きはサヴィル・ロウの仕立て屋であるためか。

そんなボンドは、ダイバーズウォッチどころか、さらに変な時計も愛用した。服装の原理主義者たちは眉をひそめたに違いないが、壮大なフィクションに見え隠れする微妙な〝リアル〟さが、007の魅力であったように思う。ギミックを満載したデジタル時計は、いかにもスパイらしいものだったし、セイコーのクオーツクロノグラフも、イギリス軍との関係を想起させるものだった。余談をすると、世界初のアナログ式クオーツクロノグラフは、セイコーがイギリス軍に提供したもので
ある。ボンドの袖口から覗くリアルな時計は、彼が華やかなセレブリティではなく、イギリス軍の諜報員であることを感じさせるツールだった。

さて、最新のボンド・ウォッチである。製作したのはオメガで、ケースはチタン製、そして凝ったチタン製のブレスレットが付属している。1万5000ガウスもの耐磁性があるうえ、ショックを与えても狂いにくい「シーマスターダイバー 300M」は、歴代ボンド・ウォッチの中で、もっともスパイ向けではないか。ケースの素材に、質感の高いグレード5ではなく、実用的なグレード2チタンを使ったのもそれらしいし、ケースが薄くなったため、シャツの袖口を邪魔しないのもいい。正
直言うと、今までのボンド・ウォッチは、ディナージャケットに合わせるには厚すぎた。あくまで時計を見ただけでの印象だが、ボンドを演じるダニエル・クレイグに同じく、彼の相棒であるボンド・ウォッチもずいぶん成熟したように思う。

では、今後ボンド・ウォッチはどうなっていくのか。オメガがスポンサーであり続ける限り、ジェームズ・ボンドの腕には、最新の「シーマスター」がい続けるだろう。しかし、オメガがシーマス
ター 300Mベースで作り上げた本作以上のものを用意できるだろうか。それに薄くてスポーツウォッチ並みの性能を持つ時計が増えたことを思えば、これからのボンド・ウォッチは、ダイバーズウォッチではなく、いっそドレスウォッチでもいいのではないか。ボンドがドレスウォッチを着けてアクションシーンを演じても、もはやおかしいとは思わないし、新世代の007には、それぐらいの思い切りを期待したい。なにしろジェームズ・ボンドは時計のドレスコードを変えた男なのだから。


【関連記事】:https://kopishoping.tec29.com/

コメント一覧

ファッションブランド URL 2022年01月20日(木)15時17分 編集・削除

最新ファッションニュース、ファッションブランド

エンタメニュース URL 2022年01月20日(木)23時10分 編集・削除

ファッションに関するニュース記事一覧。トピックスで扱われた注目ニュースを掲載しています。

シャネル パロディ URL 2022年01月25日(火)21時35分 編集・削除

シャネルファッションに関するニュース記事一覧。トピックスで扱われた注目ニュースを掲載しています。

ブランド時計 コピー URL 2022年01月30日(日)23時25分 編集・削除

歴史に裏打ちされた時計自体の価値にほかならないと言えるだろう