記事一覧

大人の色気で男気をさらりと魅せた紺ジャケとブルージーンズでジャケパンコーデ

アップロードファイル 12-1.jpg

艶感のあるネイビージャケットとブルージーンズをさらりと合わせ、嫌味の無い男らしさと大人の色気を醸したジャケパンコーデ。足元にはブラックスエードのチャッカブーツをセットして、上品な雰囲気をチョイ足ししている。

ジーンズコーデを都会的な印象に仕上げるには、黒・白アイテムとのスタイリングが有効だ。こちらの御仁のコーデのように、シンプルな黒ブルゾンとベーシックな白Tシャツを合わせるだけで、たちまちスタイリッシュで都会顔のコーディネートに。

こなれ感と配色の妙で魅せるウォッシュドジーンズのカジュアルコーデ
白Tシャツのチラ見せでこなれ感を演出し、足元のニューバランスとコーデの配色をマッチさせたウォッシュドジーンズのカジュアルコーデ。絶妙な配色が洒脱なスタイリングを際立たせている。

レースのチーフを胸元に、白のブートニエールを襟にあしらい、フェミニンな小物使いで華を添えたジャケットとジーンズのドレッシーな装い。上半身をタイドアップしたクレリックシャツで爽やかにまとめ、ジーンズとニューバランスのカジュアルなコンビネーションとメリハリを付けた着こなしだ。

リペアジーンズのコーディネートにハットとアクセをプラスしてカントリーな雰囲気に
カントリーな雰囲気漂うリペアジーンズの春コーデ。ツバが広めのベージュのハットとハンドメイドのネックレスをプラスして牧歌的な雰囲気を演出し、足元のチェッカー柄スニーカーで街馴染みさせた着こなしだ。

白シャツとウォッシュドの効いたブラックジーンズで夏のカジュアルコーデをクールにキメる
ウォッシュの効いたブラックジーンズは、夏のカジュアルコーデにも期待通りの活躍をするクールなアイテム。白シャツと合わせたシンプルな着こなしも、メリハリを効かせすぎることなく、さらりとした雰囲気でコーディネートを仕上げてくれる。

ヒッピーとミリタリーをマッシュアップしストリート感覚に落とし込んだジーンズコーデ
ヒッピー、ミリタリー、ワークなど様々なテイストのアイテムを組み合わせ、洒脱なミックススタイルに落とし込んだジーンズコーデ。カモフラージュ柄ジャケットにドット柄スカーフ、ボーダーTシャツと主張の強い柄アイテムをミックスしながら、デニムのバケットハットとジーンズをさりげなくリンクさせて統一感のあるスタイルに。

ニュアンストーンを洒脱にまとめたウォッシュドジーンズのジャケパンコーデ
上品なモカベージュのダブルジャケットに白シャツ、スリムフィットのウォッシュドジーンズを合わせたジャケパンコーデ。ニュアンストーンでマイルドにまとめ、コンビのキルティタンシューズで引き締めた老練な洒落者のスタイリングだ。

柄白シャツと黒のダメージジーンズで控えめな艶やかさとやんちゃをコーデに表現
柄入りの白シャツにブラックのダメージジーンズを合わせてコントラストを表現。ラギッドなアイテムながらも、白シャツのタックインや無駄のないタイトなシルエットがコーディネートをキレイめに演出している。

スタイリッシュな黒スニで洗練度を高めたデニムオンデニムのジーンズコーデ
デニムオンデニムのジーンズコーデは、シューズ次第でいかようにもコーデの雰囲気を演出できる。コーデをシュッと引き締めるならシックな黒スニを、軽快に仕上げるなら白スニを。エッジを効かせた攻めの足元にはアンクルブーツをセットし、アメカジスタイルにまとめるにはワークブーツと、思い思いの雰囲気に合わせシューズをチョイスしてみてはいかがだろうか?

白シャツとスリムフィットの濃青ジーンズで精悍に仕上げたジャケパンスタイル。ブラウンレザーのバックパックとブラウンスエードのプレーントゥで渋みのある艶やかさを演出し、大人の雰囲気に奥行きを持たせた着こなしだ。

ラギッドなジーンズコーデの雰囲気をニットベストでほどよく中和させた大人の着こなし
マイルドなイメージのニットベストは、ジーンズの余計な男らしさを中和させる優れモノ。気温の安定しない季節の端境期に活躍し、ジーンズコーデのイメージを優しい雰囲気にまとめてくれる。しかも手軽に着脱可能で、シワを気にせずバッグに収納できる点も

ネイビージャケットに白Tシャツ、ブルージーンズを合わせたシンプルな着こなしに、シングルではなくダブルのジャケットを合わせてアップデート。フロントをオープンにした着こなしも、フロントボタンを留めた着こなしも、シングルとは異なる雰囲気が新鮮だ。

ストライプシャツをインナー使いし、ネイビークルーネックニットとスリムジーンズを合わせたコンサバなコーディネートに、スポーティーな顔立ちのスニーカーをセットしてスタイリッシュにアップデート。ネイビーのトーンオントーンでまとめながら、鮮やかな色味のスニーカーでしっかりアクセントを効かせている。

ロレックスの新しい『超能力的なクロノメーター』テストに会います

時計の中には大きな変化がある。Goneは良い古い口径3186です、そして、その場所では、新しい口径3285です。この新しい動きは、ロレックスの新しいクロニクル脱出と70時間のより長い実用的な予備力を特徴とします。これは金曜日の夜に参照126711 chnrを置くことができることを意味し、それはまだ月曜日の朝にそれをストラップするときに実行されます。それも、ロレックスの新しい『超能力的なクロノメーター』テストに会います、そして、それは1日につき±2秒に正確で、5年の長期保証で来ます。任意の真のGMTの時計のように、時間の手が独立して設定することができますタイムゾーンにまたがって時間を保つことなく旅行。
だから、あなたが実行する前に、その新しいステンレス鋼'ペプシ' GMTマスターIIのためにあなたの名前を下す前に、自分自身を構成し、新しい参照126711 chnrについて考えてください。私が上記で説明したように、多くの点で、誰もが話すのを止めることができないように見える新しいステンレス鋼ペプシGMTより特別です。ロレックスGMTマスターII参照126711 CHNRは、14050ドルで価格がつけられます。
さらに、運動はロレックスの細心の証明プロセスを通過します。2015年には、ロレックス、現在の認証プロセスに不満は、個別とより細心の認証方法を洗練した。これは、運動自体のCOSC認証だけでなく、腕時計の中の動きで更なるテストを含みます。新しい深海に適合したキャリブレア3235は、これらの厳しいガイドラインの下で再確認された認証プロセスを経験しました。これは、時計が1日につき+ 2秒で実行して、5年の保証―購入者のために価値と品質の更なる感覚を特徴とすることを意味します。
全体的に、リフレッシュは正確にbaselworld 2018リリースの最もセクシーではありませんが、それは有り難いです。新しい動きは、パワーリザーブを増加し、ケースとダイヤルの更新は、以前の参照116660のすぐに取引の所有者を持っていない可能性がありますが、それは常にモデルを好んだ新鮮な購入者のための新しい値です。このモデルはrolex(3900 m耐水性評価を考慮した厚さ18 mmの合理的な44 mm幅のxで)のために大きいが、他のブランドが提供するはるかに大きい、はるかに少ない耐水性モデルがあります。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ